激安衣料品店のとや

スポンサードリンク

ファッションバザールのとや赤塚本店さん。衣料品がとにかく「安い」他店の最大99%引きも!(所在地)板橋区赤塚2−2−6 東武東上線「下赤塚駅」北口改札を出て真っ直ぐ歩いて約30メートル。(営業時間)10:00から20:00 (定休日)毎週火曜日  お客さんの口コミ評価は、概ね良好ですね。(接客・対応)普通、(価格・対価)最高、(品揃え)良、(品質)普通、(総合評価)良、でも実際お店に行かれた方がgood!大多数の方が納得されるのでは、あの価格設定に!
昔のドン○ホーテみたいに、良いもののアウトレット(B級品)と、ホントの安物が同居しているので、よ〜く探してください。よ〜く探せば中には、某有名メーカーのB級品がゴロゴロありますよ。普通店頭には、当然目玉商品が置いてあり、お客さんの関心を引く作戦でしょうが?ここ「のとや」さんでは、通用しません、何せ店内全てが、特売・破格・激安・見切り・処分・投売り・おつとめ・値引き・セール価格しか置いてません。どれをとっても安〜いです。本当の意味での激安衣料品店のとや
それに店内は割りと広くて、2フロアーあり、レディース(婦人)とメンズ(紳士)の割合はおよそ半々かな?当然こども服も充実品揃えで、その他、タオル・下着・靴下・かばん・電化製品?・グッズ?・雑貨?なんかが、整然と綺麗にコーナー訳され・・・・ずに、探しては難しく、店内を冒険者のごとく、神経を集中して、隈なく見て回って下さい。きっと素敵な発見が!こういう何気なくショッピングが楽しいですよね。ですので、絶対これとあれとそれを買わなきゃとかの義務ではなく、子供のこんな感じの上着があればなあー、とか旦那の普段着の例えばジーパンとか何かあれば・・買おう・・位が一番楽で楽しいと思いますよ。

のとやさんのヒ・ミ・ツ
雑学です。店名(のとや)は、社長が能登の出身という事から命名されたそうで、当時の住まいがこちらの下赤塚だったので、自然と店舗もこちらになりました。(安さの秘密)は?どこよりも安く売って、何しろ回転率をあげる。そして仕入れは当然、「現金」で「一括」に「大量」の商品の「仕入れ」が命です。対象は、お子さまのいる「奥さん」になります。まず奥さんを第一に、そして子供服、最後にダンナの服をと最後には、家族全員の服を購入してもらう。
そしてモットーは?「日本一を目指して安く売ろう」だそうです。なるほどです。では具体的にには?まずは商品の量だそうです。こちらのお店の商品数は、それこそ半端ではなくメチャクチャ多いです。そしてこちらのお店には、何処のお店ででもやっている、定番の商品の販売をされていません。既存(定番の)の商品に固定するのではなく、次々と新しい商品を、安い商品を回転させる事により、お店自体の活性化を図っていらっしゃいます。
本来ならこれ程知名度があれば、すぐにオリジナルブランドを販売したがるのですが?どっこいこちらの「のとや」さんは、そんな事はやられません。商品の固定化をとことん嫌って、新しい商品を常に店頭にを貫いておられます。立派です。平日でも1、500人くらいのお客さんが見えますので、比較的に空いているお昼過ぎ頃が狙い目では?それに、固定化商品がないので、それこそ毎日新商品が入荷しますので、なるべくこまめにお店の商品をチェックされた方が、掘り出し物に出会う可能性が?